顧問

新倉 健

 

地域学部附属芸術文化センター教授(作曲・指揮)

作曲グループ「樹Ju」、 日本作曲家協議会、 国際芸術家連盟、 日本アートマネジメント学会などに所属。 鳥取女声合唱団指揮者、 鳥取大学フィルハーモニー管弦楽団常任指揮者、 鳥取男声合唱団団員、 鳥取男声合唱団エルダー・ブラザーズ指揮者、 鳥取オペラ協会会員、 作曲工房「パパゲーノ」同人。

こんな”人”がいます (プロフィールなど:鳥取大学地域学部付属芸術文化センター)

客演指揮者

三原 明人

 

1961年東京生まれ。ヴァイオリン、ピアノ、作曲を学び、東京芸術大学でヴィオラを専攻、 その後桐朋学園とウィーン国立音楽大学で指揮法を小沢征爾、秋山和慶、尾高忠明、 カール・エステルライヒャー、ヴァーツラフ・ノイマン各氏に師事。 さらにイタリアのシエナでゲンナジ・ロジェストヴェンスキー、アッシジでモーシェ・アツモン、 ドイツのハレでベリベルト・バイセル氏に師事。 1989年、オランダで行われた第2回キリルコンドラシン国際青年指揮者コンクールで第2位、 1993年ドイツ・ハレで開かれた若手指揮者育成のための「DIRIGENTEN FORUM」で最優秀ファイナリスト、 1996年ポルトガルで行われた第8回リスボン国際青年指揮者コンクール第3位(1位なし)入賞。

在学中より東京室内合奏団を組織するなど 指揮者活動を始め、またヴィオラ奏者としても活躍。 1985年ニューヨーク・カーネギーホール主催の現代日本作曲家コンサート、武満徹プロデュースの 「ミュージック・トゥデイ」などに出演。その他サイトウ・キネンオーケストラのメンバーとして ヨーロッパ・ツアーに参加などしていたが、 1989年アムステルダムでチャイコフスキーの悲愴交響曲を指揮してデビュー。以降指揮活動に専念。

1989/1990のシーズン、ウィー ン・フィルのコンサートでレナード・バーンスタインのアシスタントを務め、 1991年よりオペラ作品などで外山雄三、広上淳一各氏のアシスタント、 1996年ベルリン・フィル来日公演でクラウディオ・アバドのアシスタントを務めるなど研鑽を積みながら、 ヨーロッパと日本を中心に活動。これまでにオランダ放送フィル、ドイツ・ハレ国立フィル、 ブタペストMAV響、リスボン・メトロポリタン管、フィンランド・クオピオ響、読売日本交響楽団、 東京都交響楽団、日本フィル、東京フィル、東京交響楽団、札幌交響楽団、山形交響楽団、 群馬交響楽団、神奈川フィル、名古屋フィル、オーケストラアンサンブル金沢、大阪センチュリー響、 広島交響楽団などを指揮して、コンサート、TV、ラジオなどへの放送録音、CD・映画音楽製作など 各方面から高い評価を得ている。名古屋二期会ではモーツァルトのオペラの演奏会形式上演を指揮、 また東京国際音楽コンクール声楽部門優勝のアレクセイ・レプチンスキーのコンサートをサポートするなど、 オペラの分野にも積極的に活動、1991年には愛知県立芸術大学管弦楽団指揮者として後進の育成にも努めた。

1997年フィンランド・クオ ピオ響を率いて日本公演を行い、13曲にも及ぶオール・シベリウス・プロを 指揮して各方面から高く評価された。1998年にはブルガリアの名門ソフィア・フィル定期にデビュー、 ベートーベン、ブラームスなどの交響曲でソフィアの聴衆を熱狂させた。 2003年には阪神大震災被災児救援のためのチャリティー・コンサート「続かなければ続かない」(大阪)に出演、 十河陽一作曲の新作「木漏れ日、そして祈り」(初演)などを指揮し、新聞各紙に大きく取り上げられた。 2004年には京都フィル定期にて、ビニャオのマリンバ協奏曲の日本初演を含む現代音楽のみによるプログラムを指揮、 特に武満の「トゥリー・ライン」とシェーンベルクの室内交響曲は京都新聞、音楽の友誌上で絶賛された。 ソリストとの共演も多く、数多くの日本人アーティストの他、 ライナー・ホーネック、ヤーッコ・クーシスト(ヴァイオリン)、トーマス・デュープショーバッカ(チェロ)、 ヨルマ・シルヴァスティ(テノール)、ヤーッコ・リュハネン(バス)などから多大の信頼を寄せられている。 今後の活躍が期待される、注目の指揮者の一人。